Android SDKのインストール

Android SDKのインストール手順をご紹介します。
Android SDKは、iPhone SDKのようにダウンロードしてインストールすればすぐに使えるというものではありません。
まずはSDKをダウンロードし、続いてEclipse側の設定を行う必要があります。

Android SDKのダウンロード

Android SDKは、Android DevelopersのAndroid SDKダウンロードページから環境にあったものをダウンロードします。

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍して出てくるフォルダを丸ごと任意の場所にコピーします。
Macの場合は/Developer/、Windowsの場合はC:¥が良いでしょう。

続いて、SDKのtoolsフォルダ配置場所にパスを通します。
Macの場合はホームフォルダの隠しファイル.bash_profileへの記述追加、Windowsの場合はコントロールパネルのシステムから詳細設定タブを選び環境変数をクリックし、システム環境変数を書き換えます。
参考としてMacの設定内容のスクリーンショットを掲載しておきます。

MacでAndroid SDKにパスを通す

EclipseへのADTプラグインインストール

SDKの環境が整ったらEclipseにADTプラグインをインストールします。
EclipseのHelpメニューからInstall New Softwareを選び、ADTプラグインのパスを指定して一覧を取得します。

EclipseにADTプラグインをインストール

一覧で出てきたDeveloper Toolsにチェックを入れ、ダウンロードとインストールを行います。

EclipseにADTプラグインをインストール(モジュール選択)

Eclipseの環境設定とAndroidプラグインの設定

続いてEclipseの環境設定でAndroid SDKの場所を設定します。
Eclipseメニューの環境設定を開き、Androidの設定項目を選び入力します。
まだAndroidプラグインのパッケージモジュールがインストールされていない状態ですので、環境設定を抜ける段階で一度ワーニングが出ます。

Eclipseのandroid環境設定

この作業を行う際、なぜかハマったポイントがありますので、解説しておきます。

上記スクリーンショットのAndroidを開いたときに、何のアクションも受け付けず閉じる事ができないダイアログボックスが開いてしまいました。
Android SDKに含まれるddmsに関する内容であったため、一度ddmsを起動しておきます。
ddmsにも不具合があるのか、1回目はマルチディスプレイのエラーを吐いて異常終了してしまいましたが、一度終了し再度立ち上げると正常に立ち上がりました。
ddms起動時に実機を接続しておらず仮想端末もない状態だとワーニングが出ますが、初回起動時は無視しても構いません。
ddmsを終了し、再度設定メニューを開くと問題なく開く事ができました。

ここまで完了したら、あとはAndroidプラグインの設定です。
WindowメニューからAndroid SDK and AVD Managerをクリックします。

Androidプラグインの設定

必要なパッケージをダウンロードするため、Available packagesをクリックし、出てきたパッケージモジュールを全てインストールします。

Androidプラグインの設定(パッケージ選択)

Androidシミュレータ(仮想端末)の作成

最後に、シミュレータを使う事ができるよう、Virtual devicesの項目に移って仮想端末を新規作成しておきます。

仮想デバイスの設定

新規作成画面に入力する項目は以下のようになります。

仮想デバイスの作成

  • Name: お好きな名前
  • Target: ターゲットとするOSバージョンを選択
  • SD Card: SDを使う場合は使う容量
  • Skin: Built-inで解像度を指定

仮想端末が完成したら、早速Startをクリックして起動してみましょう。
最初は英語版が上がってきますので、仮想端末のmenuボタンをクリックし、Settingsを選択。
Language & keyboardメニューをクリック(仮想端末の画面をタップ)して言語メニューを開きます。

言語設定

Select localeから日本語を選び、ホームボタンをクリックすると日本語化されたUIが起動します。

日本語化されたエミュレータ

カテゴリー: Androidアプリ開発準備 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です